FC2ブログ

施餓鬼法要こぼれ話

一昨日義姉との話

「おとき」を食べながらお盆について、
義父が亡くなって新盆の時、お上人様に相談したら

・迎え火はいらない
施餓鬼法要のとき墓参りして、家に帰ったら
ドアを開けて どうぞお入り下さい。

・送り火もいらない
お盆最後の日は 夕方ドアを開けて
お帰り下さい。

・お供えする物はお盆云々関係なく
故人の好きだった物で良い、
当然なすやキュウリで牛や馬を作る必要もない。

・提灯などもあったら飾ったら良いけど
わざわざ買うことは無い。

って教えて下さった事を話してくれた。
前に義姉にお盆の事を聞いたとき
別にやらなくて良いんじゃ無いの?って言ったのは
義母がお盆をやらない人で、その様子を見ていたからと
思ったけど、お上人様から聞いていたからだったのね
義姉も私が聞いたとき この事を説明してくれたら
私も混乱しなかったのに・・・言葉が足りない^^;

でも施餓鬼法要は7月11日でお盆の入りは13日
この誤差は?あんまり細かい事に拘らなくて良いのかな?

本堂で法要が始まるのを待っていた時聞こえて来た話

霊感の強い自分の娘は、
お盆になると霊があっちこっちの家の前や
町の中にそこかしこにいるのが見えて、自分の背中にも
霊がおぶさってきて、重いから降りてって降りてもらうと
又違う霊がおぶさってくるから、
お盆時期娘は大変なんだって、母娘だけど
自分は霊感が全く無くて娘は霊感が強いって不思議

なんて聞こえて来た。
お盆にご先祖様が帰ってくるって本当だったの?
町のそこかしこに霊がいるって 想像すると怖いから
聞かなかったことにしよう・・・


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2017/07/13 10:30 | 法要関連Comment(0)Trackback(0)  Top

施餓鬼法要

義姉と私が住むそれぞれの地域は菩提寺の
お盆巡回範囲外なので、7月11日の施餓鬼法要時、
夫と義兄の新盆をやったらどうかと
お上人様に助言を頂き、義姉と一緒に
それぞれの位牌を持って、参加してきた。

菩提寺は東京で、結構大きなお寺さんなので
檀家さんが多く、受付で「香料」「卒塔婆料」
を渡し 「おとき」をもらって日本間に行ったら
もう人であふれていた

施餓鬼法要は
ありがたい法話が1時間
その後ご住職のお話
そして10人程のお上人様達の読経
去年7月12日から今年7月10までに
亡くなられた檀家さんの名前戒名の読み上げ
その後
新盆のお位牌の周りをお経を唱えながら
グルグル結構な回数回って・・・
その後本堂にいる檀家さんが順番に焼香
頼んでおいた卒塔婆を「あいうえお」順に
並べてくれるのを待って、沢山の卒塔婆の中から
自分の分を探してお墓の塔婆立てに立てかけて
やっと終わり。ざっと3時間半

本堂だけでは檀家さんが入りきれず、本堂から
結構離れている廊下まできっしり。
義姉と私は何とか本堂に入れたけど
足も崩せないすし詰め状態で、新盆だからと
喪服を着ていったから もう暑くて頭から湯気が
出てるんじゃないかと思う程だった。
見渡すと喪服着ているのは義姉と私だけで
施餓鬼法要の前に若い上人様が

「施餓鬼法要は暑い時期に行うので
着る物は、喪服じゃなくて 涼しくて体に負担が
かからない楽な物を・・・・云々」

と説明があったけど、 
そんな事施餓鬼法要の時に言われても遅い 
無事に終わったから良かったけど 
本当に疲れた一日だった。

そうそう その時に我が家担当のお上人様に
義兄が亡くなったのが11月で夫が2月だから
一周忌を一緒にしたらいけないか相談させて
もらったら、

「何の問題もない参列する人達も一緒なんだから
是非そうした方が良い」

とおっしゃって下さったので、そういう方向で
話を進める。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2017/07/12 08:25 | 法要関連Comment(0)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |