FC2ブログ

感傷的に

コーヒー3IMG_0182

今朝は雨だったから モモの散歩は
いつものセレモニーだけで終わり。

時間は5時半早朝で雨だから
何もすることがなく、コーヒーを飲もうと思って
コーヒーメーカーをセットしながら
夫が元気だったころ
朝起きてくると もう夫が起きていて
新聞を読みながらコーヒーを飲んでいた姿を
思い出した。

確か病気で63歳で退職してからの
事だったと思うけど、最初は夫が先に起きて
いたことに焦って

「ごめんね」

って謝る私に

「夕べ早く寝たから早く起きただけだから
気にしなくて良いよ、コーヒーあるから
飲んだら」

って コーヒーメーカーに
私の分まで入れてくれていた。

夫が退職後は 
これが当たり前の光景になっていたけど
この当たり前のなにげない日常が
かけがえのないものだったと今は思う
戻れるものならあの頃に戻りたいなんて
無理はわかっているけど。。
どうも涼しくなると 感傷的になってしまう。

義姉がお彼岸で墓参りに行ってくれて

「弟が、更紗さんの側にいるって言ってましたよ」

ってラインくれた。本当なら嬉しいけど。。

すみません コメント欄閉じますm(_ _ )m

スポンサーサイト



テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

2020/09/26 08:32 | Trackback(0)  Top

夫の誕生日

@くーIMG_0040

今日は亡き夫の71回目の誕生日なので
夫が好きだったケーキを買って来てお供えした。

夫は、元は甘い物は殆ど食べなかったのに
癌の手術を受けてから 好みが変わって
甘い物を食べる様になって、甘い物の中でも
特にチョコが好きになって
ケーキもガトーショコラのようなチョコ入りを好んだ。

病気が悪化して、入院して、
あんまり食べられなくなってからも
このケーキを買っていくと、
顔がパッと明るくなって 美味しいって
時間をかけて 一口また一口って食べてくれたっけ。
今は時間をかけなくても食べられるね
御仏壇には義両親 その横には母の遺影で
大勢いるから1個じゃ食べにくいと思って
2個にしたけど、足りなかったかな?




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2020/05/23 12:00 | Comment(8)Trackback(0)  Top

夫の命日

けーきDSC_0653
今日で亡くなってから丸三年
早いようなそうでもないような。
夫が好きだったケーキやさんに行って
夫が好きだったガトーショコラと
チョコ系シフォンケーキを買って来てお供えした。
生前このケーキを

「美味しいね」

って嬉しそうな顔をして食べていたのを
思い出す。


昨日、目眩がおさまってないのに
無理して1人で墓参り行くんじゃ無いかと
心配して、義姉が電話をくれたから
特急内で気分悪くなったとき、困るから
無理は出来ないと言ったら義姉が
安心してくれて 目眩がおさまったら
待ち合わせして一緒にいこうと言ってくれた。

そして、話しているうちに
義姉の長女の長男A君の話になり
この子が英語が大好きで暇をみつけては
コツコツ英語の勉強をしていて成績も良く
義姉一家はみんな英語が苦手で嫌いなのに、
きっと、叔父ちゃん(亡夫の事)に似たんだね
生きていてくれたら、A君も勉強方法とか
叔父ちゃんに聞けたのにねと
最近になって、義姉と長女の間で
良く亡夫の事が話題になるって言っていた。

義兄は頭が良いけど勉強をしない人で、
義姉の長男も 父親似で頭は良いけど、
勉強しない子だから
コツコツ勉強をしてって言うのは
まさに夫に似たんだろうと思う。
英語が大好きで、ずーっと英語の勉強を
していて、この地でも定年間近まで、
英会話教室に通っていてたから、
生きていてA君の話を聞いたら喜んだろうにと
義姉と夫を偲んだ。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2020/02/01 14:24 | Comment(0)Trackback(0)  Top

夫の命日

ケーキDSC_0303
夫の命日なので、夫が大好きだった
生チョコケーキとミルクケーキを買ってきて お供えした。
喜んでくれているかな

去年の今日夫が亡くなる直前まで、
亡くなるなんて思ってもいなかったから
義姉も来てくれていたけど、席を外していて
私だけが夫の側にいて、見ていたら
呼吸とまったけど どして?なんで?

と 慌ててナースコールを押して
看護婦さんに来て貰ったら
亡くなっていたなんて 信じられるわけがない

病院側も看護婦さんが何度か様子を
見にきたけど、これもいつもの事だったし・・・

今更言っても仕方無いけど
現実は受け入れるしかない。

苦しみから解放されて
楽になったんだから、良かったんだよね
きっと

入院してから 最後の時まで取り乱す事無く 
穏やかで いつも通りの優しい夫だった。

今はどうしているのかな
霊感がある知人が、亡くなった人は
時々家族に会いに来ているって言っていたけど
霊感がまったくないから、会いに来ていても
残念なことに私にはわからない。

今日は義姉と待ち合わせして
一緒にお墓参りする予定だったけど
雪予報が出たから、延期することにした。

昨日の夜義姉から電話があって
雪は夕方かららしいから、明日(今日)
墓参りいったらどうかって言われたけど
雪の心配しながら じゃ落ち着かないから
予定通り延期にしてもらったけど
予報より早く雪が降り出したから
延期にしてよかったと思う。
と言うのも、私が住んでいる沿線のJRは
ちょっとした天候の荒れですぐ運休に
なるので モモ子が居るから帰って
これなくなったら大変だから。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/02/01 15:31 | Comment(6)Trackback(0)  Top

山の日


今日は「山の日」で祝日

夫は、山登りが好きで大学生の頃から一昨年まで
山に登っていた。

若いとき
「どうして登山が好きなの?」と聞いたら
「自分への挑戦かな 後 頂上へ着いたときの
達成感と景色の素晴らしさだと思う」
って言っていて 写真も趣味だった夫が
山が好きな写真の先生に出会って、先生と
教室の人達と一緒に山に行って、撮ってきた写真は
どれも素晴らしかった。その後夫の転勤で先生とは
年賀状のやりとりだけになってしまったけど。

定年退職後思いっきり山を楽しむと 
その日が来るのを楽しみにしていたのに 
その日が来る前にガンになってしまい、
ガンの手術の後体力がガタッと落ちちゃって 
早期退社。
それからは こんなんじゃ 山にいけないと
砂をリュックに入れて それを背負って毎日
毎日ウォーキングして とうとう山にいけるように
なったとき もの凄く嬉しそうだった。
又そんな夫を待っていてくれた登山仲間が
いてくれたのも夫の励みになっただろうと
思うし ありがたかった。

入院したホスピスも たまたま山登りが好きな
看護師さんや介護士さんが数人いて、その人達と
山の話をしていた時の夫の楽しそうな顔を
思い出す。
NHKの日本百名山で 自分が登った事がある山だと
「ここは 登ったよ それでね」と説明してくれたっけ・・・
もう一度山へ行かせてあげたかった・・・

でも今は体が自由になって きっと山へ行ってるね


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2017/08/11 15:30 | Comment(0)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |  Next»»