FC2ブログ

義母

24日に義母が94歳で亡くなり
高齢だったこともあったっし、
ちかごろ1日葬儀が流行とかで、
菩提寺から勧められた事もあって
26日に1日葬儀を執り行って
本来なら、遺骨は長男の家である我が家に
連れてこないといけないんだけど、義姉が納骨まで
一緒にいたいって言うのでお願いした。

24日に義母がお世話になっている施設から

「義母が息をしていないから すぐ来てくれ」

と 義姉の所に連絡があって

「昨日会いにいったとき、寝てはいたけど
そんなに具合悪そうじゃなかったのに
何が何だかわからない、取りあえず行ってきて
詳しい事がわかったら 連絡する」

と 義姉から連絡をうけて 私も何が何だか・・・って
状態でいる所へ義姉から連絡があって

「施設の職員がとろみがついた水を飲ませていたら
その水が気管にはいってしまって、吸引したけど
駄目で 亡くなりました
申し訳ありませんって言われた」

と・・・要は事故死!
窒息なんて苦しかっただろうに・・・
運悪く当日は施設契約の病院がお休みで対応して貰えなかった
と言うけど だったらなんで救急車呼んでくれなかったの?
と不信感がいっぱいだけど

義姉が、もうかなり弱っていたし
年内持たなかったと思うから
問題にはしない

って言うから 義姉がそれで良いなら
私が口だしすることじゃない・・けど
せっかく長生きしたんだから
眠るように穏やかに旅立たせてあげたかったと
残念でならない。

義姉の所に一泊させて貰って
昨日帰ってきたけど、
義母と義姉 まるで一卵性の姉妹の様に仲が
良かったから、一人になった義姉が心配・・

昨日帰って来るとき

「遺骨がある間に またお邪魔させて貰って良いですか?」

って聞いたら

「是非きてやって」

って言ってくれたから、今度は泊まれないけど何か
義姉の好物をもって行ってこようと思う。

今年の3月に実母が亡くなり
半年も経たないうちに義母までも亡くなって
母と呼べる人がいなくなってしまって
とっても淋しい・・・・

でも 会いたくて会いたくて名前を呼び続けた息子に
やっと会えて喜んでいると思うと
それだけは良かった。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/08/28 13:14 | 義両親Comment(2)Trackback(0)  Top

義母

連休が終わってすぐ、義姉からメールが来て
義母の容体が思わしくなく、義母がお世話になっている
グループホームから、

義母が食事を食べなくなったら 
どう対処するか 1ヶ月以内に返事が欲しい

と言われたそうで、落ち込んでいると
書いて有った。

義姉は生まれてから 今まで義母の側を
離れた事が無く、それだけ絆も強いから
落ち込みも私が計り知れない位だろう・・・
と 心配していて

義姉に義母のお見舞いに伺いたいから
都合の良い時を知らせて欲しいと
メールに返信していたら 今夜義姉から
電話をかけてくれて明るい声で

今日施設に電話してお母さんの様子を聞いたら
ご飯ちゃんと食べる様になって元気になった
と言われたそうで、容体次第で今日会いに行こうと
思ったけど辞めたと

そしてお母さんのお見舞いに行く件は
行ってもどうせわからないんだから無駄よ(えええ・・・)
とりあえず今は元気になったから
又具合が悪くなった時連絡するから
その時考えましょう

って あっさりと・・・良いのかな・・・
でもご飯を食べる様になって元気になったと
聞いて ほっとしたし、お姉さんの明るい声も
ほっとした。

去年夫・今年母
これで義母まで亡くなったら淋しすぎる
義母は6月で94歳 100歳までとは言わないけど
一日でも長く頑張って欲しい!!


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/05/09 21:49 | 義両親Comment(2)Trackback(0)  Top

義母

黄花コスモス55
朝歩きのいつものコースの川縁の一角に黄花コスモスが満開
黄花コスモスを見ると、趣味で押し花アートをしていた義母を
思い出す。黄花コスモスは押し花アートに重宝するそうで
良く押し花にしていたけど、義母は自分で育てる事はしないで
当時同居していた私が育てる役目を仰せつかっていた^^;

みんな元気だったあの頃が懐かしい
姑小姑vs嫁で 色々あったけど 今となっては良い思い出(笑)

その義母 グループホームにお世話になっていて
認知症ではあるけど、食欲もあって元気だったのに、
一昨年脳梗塞を発症して寝たきりに・・・

ショックを与えないほうが良いだろうと義姉が
夫が亡くなった事は知らせていなくて
義母が息子に会いたがると、
仕事で遠くに行ってるから帰ってくるまで待とうね
って言ってごまかしているそう

夫が亡くなってから 一度も義母に会いに
行っていないので、8月に義姉に会いに行きたいからと
都合を聞いたら、遠いし大変だから気持ちだけで良いと・・
私の体調を気遣ってくれての言葉なので 
それ以上言えなくて

いっそ 1人で面会にって思うけど
去年の夏 夫と面会に行ったとき

「お母さん 更紗だよ わかりますか?」

「更紗じゃない あの子は大人しい」

と 耳元で大声で言ったせいか しっかり否定されたので
1人で面会に行っても義母を混乱させるだけだから
時期を少しずらして 又打診してみようと思っていたら 
昨日義姉からメールが来て 内容を掻い摘まんで言うと

食欲はホームの中で一番って言って良いくらい
よく食べるけど、最近面会に行っても
意味不明な事をわめいてばかりで義姉の事が
わからない事が多く、そんな様子を見ていて
おばあちゃんっ子だった甥っ子も 
あんまり面会に行かなくなってしまったと。

そして最後に お互いに自分の体に気を付けながら
母親の介護頑張りましょうと結んであった。

文面からは、義母に会いに来なきゃと言う気遣いは
いらないと感じとれたけど、まだお元気なうちに
一度はお会いしたいなぁ・・・
母の骨折の事があるから 当分動けないけど。

その母
お一日にはお赤飯が出ると今日初めて知ったけど
好きだったお赤飯も一口食べたら もうおしまい(´`)=3
早く良くなって欲しいから 今日も口に押し込んで
ほぼ完食、やれやれと食器を下げに行ってる間に 
お茶が置いてあるのに わざわざ
入れ歯が入れてあった水飲んでるし・・・
自分の入れ歯が入っていた水だから良いけど
だんだん漫画っぽくなってきて もう笑うしか無い^^;



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2017/09/01 14:10 | 義両親Comment(0)Trackback(0)  Top

義母

先日 グループホームに入居している義母がお世話になっている
病院から呼び出しがあり 話を聞いてきたから
そのことを話したいと義姉から連絡があったので
昨日 義姉と10時半頃義母の部屋で待ち合わせした。

医者の話は

義母が肝臓の数値が悪く 胆石もあるので時々高熱を出す。
今のところ熱は抗生物質でおさまっているが
高熱を出す事を繰り返し、ある日突然敗血症をおこして
亡くなるだろう。覚悟しておくように

と言う事だったらしい。
良い話ではないだろう事は想像していたけど
まさか そこまでの話とは思いも寄らなかった・・・

でも こんな話を義母のベッドを囲んでして良いのだろうか?
義母は 夫が来たことが嬉しくて夫の手を握って離さない
って事は起きてるんだろうし・・聞こえてるんじゃないのかな・・・
なんて嫁が1人変な心配している側で 姉弟は 

「それならそれでしかたないね もう92だし 
今更つらい治療は可哀想だし」

と意見が一致したよう。

この姉弟は昔から仲がとても良くて、何でも良く話し合って来た
経緯を知ってるから、私も姉弟が決めた事を尊重してきたし
今回の事もする。(´`)=3

義姉がお土産にと買ってきてくれた小玉スイカが
とっても甘くて美味しかった事が嬉しかった♪
IMGP4712-小玉スイカ

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

2016/08/09 20:13 | 義両親Comment(0)Trackback(0)  Top

義両親

義両親の事をちょっと話します。

私達は結婚してからずっと転勤で、全国を転々としていたけど
20年ほど前たまたま本社勤務になったので、
夫の実家を2世帯住宅に立て替えて、6~7年間同居。
何となく このままずっとこんな感じで暮らして行くんだろうなって
思っていたら、あれまの転勤^^;

転勤は関東中部
義両親も年だったので 2人置いて行けないから
単身赴任だろうと思っていたら、息子可愛さに

「自分たちは まだまだ元気だから頑張れるけど
単身赴任は可哀想だから一緒に行け」


と言ってくれたので、私も一緒に行くことに。
すぐ側に義姉が住んでいるので ちょこちょこ様子を見てくれる事も 
後押しになった。

中部に来て数年後に又転勤になり やっと戻ってくる!と
義両親が大喜びしたのに 転勤先は今度は中部と関東の間のこの地。

期待が外れて 余程がっかりしたらしく
義両親は もう我慢の限界と、社宅のすぐ側の借家に越してきた^^;
実家のすぐ側の義姉が当時フルタイムで働いていたから
思っていたより、寂しかったのかもしれない。

そして2~3年経った頃 山好きな夫君が この地を終の棲家にしたいと
言い出し、知り合いの不動産屋さんに頼んで この家を見つてきて
庭が広いから 義両親も喜んでくれるだろと意気揚々と 2人をこの家に
連れてきて、

「狭いけど、大人4人なら何とか暮らせるから この家で良いだろう!」

って言ったら、

「山を見ると寂しくなるから 終の棲家はこの地じゃ嫌だ
関東の自分の家に戻る。」


って 言われて夫君唖然。
だったら、夫君が この地を終の棲家にしたいって言ったとき
調子あわせないで、反対すれば良かったのに・・

それからが大変で頑として譲らない親に 一歩も引かない息子
まさに似たもの親子で、何処まで行っても平行線で 
こうなると嫁の私の出る幕はなし。

見かねた義姉が間に入って説得しようとしてくれたけど 
見事に玉砕<(ll゚◇゚ll)>

義姉が、こうなったらしょうがないと 動いてくれて
すでに 80代と90代で、戸建ての家に2人で暮らすのが
難しくなるのは時間の問題だろうし、弟夫婦も戻ってこないんだからと
家を売って 家があった近所にマンションを購入して 
両親を引き取ってくれて、我が家も この家を購入して無事?解決 
と なれば良かったけど・・

義姉は相変わらずフルタイムで働いていて週末しかこないし
義父は認知症じゃなかったけど、寝たいときに寝て 食べたいときに食べて
それ以外何もしたくないって言って、TV見ては寝てばかりいるし
起きていても、殆ど口を訊かなくなってしまって、
義母から、こんな筈じゃなかったって愚痴電話の雨あられ

義母は、自分たちがこっちに戻るって言ったら、最後は息子が折れて
一緒にこっちに戻ってくれると思っていたらしいし
両親思いだった夫くんだから、私もそうなるだろうと思っていたので
何が 夫君をここまで意固地にさせたか今もわからない

内心 だから ここで一緒に暮らせば良かったのにと思いながらも
うっかり言って、ここに戻ってきたら もう面倒だから
口に出しては言わないで^^;、まぁまぁとなだめる日々が続いていたら、
姪っ子ちゃんが(義姉の娘)結婚して妊娠。

義姉夫婦の初めての孫だし 生まれたら孫と娘の世話に専念して
あげたいから、その間だけショートステイか 息子夫婦の所(我が家)に
行ってくれないかと 義姉の申し出に

「もう何もしたくないお父さんの世話に疲れた。施設に行きたい」

と義母が言い出し、だったらと、その言葉に即姉弟が反応して、
義姉の家から 車で30分くらいの小規模でアットホームな感じの
グループホームを探してきて、義両親を見学に連れて行って
あっという間に夫婦で入居させてしまった。
姉弟でいろいろ相談して決めたので私は詳しい事は良く知らないけど
なんか 妙に手早かったと言う印象が残っている。

あれから10年近く その間義父は亡くなり 義母だけが
そのまま施設にお世話になっているけど 認知症になってしまって
かなり進んでいて 夫君と会いに行くと

「更紗さんが来てくれて嬉しい」

って 泣いてばかりいるから ちょくちょく行ってあげないと思う。

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

2013/09/13 13:12 | 義両親Comment(0)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |