FC2ブログ

捜し物発見

お薬手帳が、見あたらない。
デイに行くとき保険証とセットにして ポーチに入れて持たせていたので、
ポーチに入ってると思っていたらお薬手帳だけがなくなっていました。

母に聞いても 常套句の「知らないよ?」を繰り返すだけ(´`)=3

・・・・考えようともしないで すぐ知らないよ?って言うので
    これを聞くとむかつきます・・・・

でも まぁとりあえず母は元気で デイで体調を悪くする事もない
だろうから持たせて無くても問題無し。次の内科受診日までに
探せば良いかなってのんびり構えていたら

今度は一昨日の夜送っていってパジャマに着替えさせようとしたら 
パジャマのズボンがありません。
そのパジャマのズボンは 一昨日の朝起こしに行ったら
母がパジャマのズボンだけを脱いでいたので

「何でパジャマのズボンだけ脱いでるの?不自然だよ その格好」

って 言ったら

「トイレに起きたとき どうせ着替えるからってトイレで脱いで
洗濯機に入れた」 


って言っていて、一昨日実際に洗濯していたから
いつもしまう引き出しの中に入ってる筈なのにパジャマの上着だけしか
入ってないんです。
もしかしてと 部屋にあるタンスや押し入れにある衣装ケースの引き出し
みんな見てみたけど 何処にも入ってないんです。

お薬手帳一つだけなら のんびり構えていたけど 二つも無い物があるなんて
ここまで来ると もう気持ち悪くて我慢出来ません
今朝 母をデイに送り出してから母の部屋で大捜索。
母がいるときに大捜索しようとすると 

「そのうち どこからか出てくると思うから そんなに探さなくても良いよ」

って 足を引っ張るので、デイに行った時がチャンスなんです。

その結果2つとも見つかりました
まずお薬手帳は、キッチン用のジッパー付き保存袋がしまってある
サイドボードの開きの中。

パジャマのズボンは、ベッドをひっくり返してみたら壁とベッドのマットレスの
間にペッタンコになって挟まっていて洗濯した感じじゃない?!
って事は 脱いで洗濯機に入れたって所から違ってたんです、まったく(´`)=3

ああ言う病気の人の考える事って想像も出来ませんけど
一つ言える事は 今の母の言うことを信じちゃいけないって事です

スポンサーサイト



テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/31 14:44 | Comment(0)Trackback(0)  Top

続々ショートステイ

丈夫だけが取り柄の更紗が風邪をひいてしまった
母にうつさない様にしなきゃ^^;

さて ショートステイ後の話です。

今朝母が、

「泊まりに行くのは いつだったっけ?」

と 聞いて来ました。

「今月はもう終わったよ この前の月曜と火曜行ってきたでしょ」

「・・・・・そうだったっけ?? じゃ茶色い鞄はあんたんとこだよね?」

茶色い鞄にショートステイの荷物を入れて持っていたんですけど、
ショートステイに行ったことは忘れて 
茶色い鞄に荷物入れた事だけ覚えているみたいです^^;

「茶色い鞄もお母さんの所だよ 帰ってきてから持って行った物を片づけたでしょ」

と 母の納戸から 茶色い鞄を持ってきて見せても納得しないで
何がなんだかわけわからないって感じだったから
デイサービスでくれた8月の予定表に 母のショートステイが
書いてあるのを見せたり、帰って来た日の夕飯ホワイトシチュー
だった事を話したら、やっと思い出してくれました(´ー`A;) アセアセ

一回思い出して納得しても、又同じ事を言い出す可能性大なので
忘れないうちに、今月と来月のカレンダーにショートステイの日 
ピンクで塗りつぶし

「ピンクで塗った日はショートステイだから いつだったっけと思ったら 
カレンダー見てね」


と説明したら

「それならわかりやすくて良い」

と言ってましたけど 当てにならないので、ショートステイから
帰ってきた日はホワイトシチューって決めました。
そうすれば 記憶に残っていく可能性があるので。




ショートステイから帰ってきて、疲れてるだろうと思って
持っていた物を私が片づけちゃったのがいけなかったのかなぁ

でも 行くときに荷物を鞄に入れたのも私なんだけど、その事は
覚えているって これが認知症って事なんでしょうか 
なにやら謎めいてますが、やっぱり自分で出来る事はさせないと駄目で
思いやりで 私がしちゃうと 記憶に残らなくなっていってる
みたいです。

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/30 09:54 | 更紗Comment(0)Trackback(0)  Top

続 ショートステイ

ショートステイの様子が知りたかったから、母にちょっと聞いただけなのに
ざっと何人位ってわからない?って聞いたのがいけなかったのかなぁ?
普通ざっと何人位ってわかるだろうし、そんな怒る様な事じゃないと
思うんだけど。

・・・・あっ普通じゃない人だったんだ母は・・・・
このブログを書いている今、その事を思い出しました

それからは何か話しかけると 

「なんだよ 五月蠅いなまったく

と とりつく島もなかったので、放っておきました。
不思議な事に怒ってる時って うたた寝もしないんですよね^^;

そして夕飯になり、ショートステイご苦労様と
母の好きなホワイトシチューを作っておいたので

「今日はお母さんの好きなホワイトシチューだよ こっち来て」

って言ったら すっかり機嫌も直り(笑)自分からショートステイの話を
し出したので、さっきちょっと怒らせたので聞き役に徹しました。

母の話をかいつまんで言うと
悪くは無かったけどやっぱり自分の家が一番良いって事でした。

ちょうど昨日9月の利用計画書をケアマネさんがもって来てくれたので
今後の事を相談したら、

一回きりの体験ショートステイで
次回は 何時になるかわからない利用だと、
ショートステイを忘れてしまって
混乱するかもしれないので、毎月一泊という風にして
慣れて貰う事が良いかもしれない


とアドバイスを貰ったので、早速その手続きを進めて貰う事にして
母に

「何かあって私たちが出かけなきゃならないとき、
お母さんは、あそこにお泊まりする事になるんだけど
慣れないといけないから、これから毎月一泊する事になったよ
自分の家が一番良いだろうけど たまの事だから頑張ってね」


と 食事の時にある程度の抵抗を覚悟で言ったら 拍子抜けするほど
すんなり受け入れてくれました。これもホワイトシチューのおかげ?(笑)

って事で来月から毎月最終週の月曜・火曜とショートステイ
なりました。

そして いつも通り部屋まで送っていって

「一晩ぶりの自分の部屋はどう?」

「一人でぽつんといるより あそこ(ショートステイ)みたいな
ところが良い」


これを聞いてびっくししました。
さっきは、誰に気兼ねもない自分の部屋が一番良いって言っていたのに 
一人でぽつんっていて寂しいって思う事もあるのかな・・?
(デイの無い日私がちょこちょこ行くとうるさがるのに)
あっだから毎月一泊のお泊まりもすんなり受け入れた?
母の真意を測りかねます・・・σ( ¨*).....ウ-ン....

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/28 11:09 | Comment(0)Trackback(0)  Top

ショートステイ体験

昨日から一泊でショートステイ体験に行ってきました

義父がショートステイにお世話になったとき、持ち物すべてに
名前を書かないといけなかったから 今回もそうだろうと思って
衣類や歯ブラシに名前を書いて用意万端のつもりで母を送って行ってみたら
個室のせいか?名前は書かなくて良い言われました*o_ _)oバタッ
そういえば義父は2人でしたっけ^^;

一応携帯を持たせて 何かあったら電話してきてと言って
母をお願いしてきました。

母と私とお互いに初めての事なので 家に帰って来ても
最初のうちは、なんか落ち着かなくて 大丈夫かなってちょっと
心配しましたけど。すぐに何があったら連絡くれるだろうからと 
大船に乗った気になってリラックス出来ました

そして今朝迎えに行くのは夕方近くだからと ゆっくりしてたら
9時頃母から携帯がかかってきて

「あんた 今日迎えに来てくれるんだよね
もう支度してるんだけど 何時頃になる?」


「もう支度してるって まだ朝の9時だよ? 
迎えに行くのは午後4時頃だって昨日言ったでしょ 
お昼ご飯も そこで食べてね、ちゃんと出してくれるから大丈夫」


「えええ だってもう支度しちゃったし・・・ブツブツ・・・

朝一番で迎えに来ると思いこんでいたらしく、午後と言われて消え入りそうな声で
何かブツブツ言ってましたけど無視(笑)

「4時頃になったら迎えに行くから、それまで他の利用者さん達と
話していればいいじゃん」


と電話を切り、予定通り4時頃迎えに行ったら 予想通り
おしゃべり好きな母なので他の利用者さん達と楽しそうにおしゃべりしてました(笑)

家に帰って来てから、

「ショーステイ楽しかった?」

「楽しいって訳でもないけど そこそこ良かったよ」

「良かったねぇ今回は何人くらいの利用者さんがいたの?」

「何人くらいって言われても数えたわけじゃないから 
わからないよ・・・・」


「ざっと何人くらいってわからないの?」

と ここまで来たら いきなり不穏な気配が・・汗

長くなりそうなので、続きは次回にm(_ _ )m

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/27 20:45 | Comment(0)Trackback(0)  Top

冷蔵庫の謎

デイに行かない日のお昼御飯のとき、果物好きな母なので
食後のデザートに食べきれる位の少しの量の果物を持って行ってあげて
母がお昼を用意するのを手伝って、テーブルにお昼御飯と果物を
並べて、後は食べるだけになったのを見届けて帰って来てました。

でも 何時の頃からか、デザートに持って行った果物を食べないで冷蔵庫に
しまってしまう事が多くなってきて

「美味しいからお母さんに持ってきたんだから食べてね」

「うん 後で楽しんでよばれようと思ってる」

って言うんですけど、冷蔵庫にしまうと忘れてしまうみたいで
こっちで気をつけていないと、腐らせてしまうんです。

果物ばかりじゃなく、一例をあげると
一緒に出かけてお昼のお弁当を買ってきて、まだ食べる時間じゃないからと
冷蔵庫にしまうと その事を忘れてしまって、お昼頃に行ってみると冷蔵庫を
開けて眺めているので

「何してるの?」

「お昼何か食べるもの冷蔵庫に入ってないか見てる」

そんな事を言ってる母の目の前の棚にお弁当がおいてあるのに見えてない?

「さっき 一緒に買い物に行ってお弁当買ってきたじゃない
お母さんの目の前に そのお弁当あるよ ほら」


と 冷蔵庫からお弁当を取り出して渡すと

「これ 私が買ったんだったっけ・・・(しばし沈黙してから)
あっそうだよね 買ったよね すっかり忘れちゃったよ」


と こんな感じで、すべて母が自分で入れたのに忘れてしまいます。

元々若い頃から、冷蔵庫に何でもかんでもギュウギュウ詰めに
しまい込んで 、何処に入れたかわからなくなって腐らせる人だったけど
今は冷蔵庫ガラガラで何が入ってるのか一目瞭然で
しょっちゅう冷蔵庫の中をのぞき込んでいるのに 
なんで入ってる物が目に入らない?・・もう謎でしかないです

そんな母が 何時も母の冷蔵庫をチェックする私に

「私はあんたんちの冷蔵庫勝手に開けないけど あんたはお構いなしに
開けるね」


「何言ってるの うちの冷蔵庫勝手に開けて良いっていつも言ってるでしょ」

そう言うと黙ってしまいますが、内心私が勝手に冷蔵庫の中の物を
捨てたりするのが気にいらないんでしょう^^;

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/23 12:27 | Comment(0)Trackback(0)  Top

ニガウリ好き

IMG_0341-桃と夏やさい
昨日と今日収穫した茄子とニガウリです

ニガウリが大好きな桃っぺが写真撮ろうとしていたら物色しに来ました。
このままだと 生のニガウリをかじってしまうので 写真を撮ったら
すぐに撤去(笑)
あんまりニガウリを欲しがるので、食べさせて良い物か
調べてみたら問題ないみたいだったので、収穫する度に薄切りにして、
さっと茹でて 少しだけおやつにあげると あっという間に
食べてしまいます。よっぽど好きなんですね 

この写真のニガウリもにおいだけ嗅がせて、お預けじゃかわいそうなので、
後で、さっと茹でておやつにあげることにします

テーマ : *ヨークシャーテリア* - ジャンル : ペット

2013/08/22 11:26 | 桃子Comment(0)Trackback(0)  Top

寒すぎる!

昨日デイサービスから帰って来て、我が家の居間でTV見ながら
寝ていたけど 珍しい光景ではないから 夕飯まで寝かせておきました。

そして夕飯の後かたづけがすんで、母を見てみたら、
いつもは新聞読んだり、TV見たりしてるのに 座椅子から
ずっこけそうになって爆睡してるので、デイサービスでよほど
疲れたみたいだから、出来るだけ早く部屋に帰して、
ベッドでゴロゴロさせようと母の部屋のエアコンを入れに行きました。

一日中締め切ってあった部屋に入ると モワ~~とした暖かい空気が
充満していたので、早く冷やそうと 26度のドライ設定に。

それから30分位して もう部屋が冷えただろうと、母を起こして
送っていったら、ちょうど良い感じになっていたので
すぐエアコンの設定を28度のドライに直して、着替えさせて
ベッドに横にさせて帰ってきました。

母を帰して、これで一日終わった( ´∀`)ホッ♪とくつろいでいたら
1時間位してから 母から携帯に電話があって

母「寒くていられないから エアコンのリモコンもって来て

とすごい剣幕^^;行ってみると 寒いって?感じの室温だったので

私「全然寒くないよ?いつもと同じ28度のドライだし」

母「あんた そんな事言うなら このベッドに寝てみなよ

言われるまま寝てみたけど それでも寒くない・・^^;
もしかしたら、母がベッドに横になっていた時、26度設定にしていたときの
冷気が残っていたのかもしれないと思って

私「寒いなら、もう一枚かけて寝たらいいよ」

と夏がけ布団の上にタオルケットをかけて帰ろうとする私に

母「いい加減エアコンのリモコンをおいていってよ

私「そんなの駄目に決まってるでしょ お母さん勝手にエアコンを消したりするから」

と 取り合わないで玄関に向かって歩き出したのに 

母「大丈夫だから おいていけ」(まるで柄が悪い男^^;)

と 叫んでましたけど 無視して帰って来てしまいました。

そして今朝、エアコンのコンセントを抜いてないけど良いけど・・と案じながら
起こしに行ったら、何事も無かった様にしていて コンセントも抜いてなかったから
ほっとしましたけど、一時おさまっていたエアコン協奏曲が又始まる気配に
気が重いです(´`)=3

テーマ : 認知症を介護する家族の悩み - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/22 10:22 | 未分類Comment(2)Trackback(0)  Top

依存?甘え?

8月になってから 歯医者に通院してる母。
通院初回は、受付で書かないといけない紙を渡されし
初めて行く病院なので勝手もわからないから不安だろうと思って
最初から最後までつきあいました。

母が診察室に呼ばれて出てくるまで1時間強で 
次の予約とお会計までが30分位待たされて なんだかんだと2時間位
歯科にいた感じで さすがに母も私に悪いと思ったのか

「次からは終わったら電話するから、迎えに来てくれたら良いよ」

って言うので、その言葉に乗りました。

側に越して来てからは携帯で電話してくる事が無くなりましたけど
実家にいた頃は よく携帯からかけて来ていたので

「じゃ携帯持ち歩いてね」って言ったら 真顔で

「携帯なんて持ってないよ?」って*o_ _)oバタッ
 
じゃどうやって電話するつもりだったんでしょう(汗)

それから携帯特訓が始まりました。
使いこなせていた時期が長いんだから 何回かやってれば
思い出すはずと思ったが間違いで、あの手この手で
やっと、どうにかこうにか携帯使えるようになったので、
毎晩寝る前に私に携帯をかけてくることを義務づけて
順調に訓練の効果が出て、用意万端で
昨日2回目の歯科医受診日を迎えました。

そして何事もなく歯科医駐車場まで来たら

「携帯の使い方がわからない・・・どうやるんだったっけ?」

なんて言い出したので、車の中で私に携帯かけさせようとしたら

「わからない わからない」を繰り返すので、やって見せて

歯科医の受付をすませた後

「じゃ帰るから 終わったら電話して」

と 帰って来てしまいました。とは言うものの何かあったら・・と
心配だし、歯科医に迷惑かけても困るので 少し早めに迎えに行って
駐車場で待っていたらちゃんと電話してくるし・・

電話してこれて良かったけど、側に越して来てから
私や夫君が側にいると、普通に出来る事でも わからない出来ないって
言う事が多くて、少し突き放す様にしてますけど
これって依存してるってことなのか ただ甘えているのか
見極めが出来ないでいます。

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/21 11:01 | Comment(0)Trackback(0)  Top

ショートステイ

7月にケアマネさんに 母のショートステイの相談をしました。
と言うのは、義母があんまり調子が良くないので
何かあったとき、母を一人置いていけないからです。

===========================

義母の足が倍位に浮腫んでしまって歩くのも大変になりました。
原因は 心臓の血流が悪くなってるからだそうです。
医者に、きちんとした検査をすれば 原因も治療法も
詳しくわかるけど、検査はちょっとつらいかもと言われて、
夫君と義姉が相談して もう89歳と高齢なので つらい検査は
可哀想だから自然の成り行きにまかせようと決めました。
義姉がもう長い事は無いだろうと言っています。


===========================

まだ実家だったら そばに叔母も従兄弟もいるので頼めましたけど、
この地では母の事を頼める程親しい知り合いもいないし
義母は他県なので、行ってしまったら、母の事が心配でも様子を
見にくることも出来ないので、まだ元気なうちにショートステイに慣れさせたい
と話したら、ケアマネさんも賛成してくれて、
幸いにも 家から歩いてでもいける距離の所におすすめのショートステイ事業所
があるから都合の良いときに見学させて貰う事になっていたので、
この異常な暑さの中、エアコンの事やら熱中症の事で すっかり後回しに
なっていたショートステイの見学に母と夫君と3人で行ってきました。

個室と2人部屋と4人部屋があり、2人部屋と4人部屋はまるで病院の入院室。
個室は、こざっぱりしたペンションみたいな感じ。
職員の話だと 複数部屋の利用者は殆ど部屋から出ないでゴロゴロしていて
個室の利用者は 殆ど食堂に集まって みんなで話したり
カラオケしたりしてるとの事だったので、部屋でゴロゴロよりは
みんなで会話をと思って、母の体験お泊まりは個室にして
8月最後の月火に予約してきました。
気に入ってくれたら良いんですけど。

余談ですが 兄に義母の事があるからと、ショートステイを利用しようと
思うと話したら大賛成でした。自分の所で母を預からないで済むなら
何でも賛成しそう┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/18 23:34 | Comment(0)Trackback(0)  Top

お盆提灯騒動

今日はお盆の入り。
実家は真言宗で、夕方提灯を持って、近くの角地まで迎えに行って 
そこで提灯に明かりを灯し家まで誘導。
16日にオガラと野菜で馬や牛を作って、白玉でみやげ団子を作って
持たせて 迎えにいった角地まで提灯に明かりを灯し送っていって
そこで明かりを消して お盆は終わりと言う習わし。

亡父が跡取りだったので、代々のお位牌とかあって 
ずっと仏様の世話をしてきた母なのでお盆にも相当の拘りがあって
8月になってすぐに

「盆提灯が無いと迎えに行けないから買いたい」

引っ越しの時 兄に捨てられたようで こっちに来た時は
提灯がなったので、その事をずっと気にしていた様です。

そのうちお盆用品がホームセンターに並ぶから そのとき買おうって
言っていたのに、お盆用品が一斉に並び出しても提灯は
見あたりません、提灯に拘る母なので仕方なく母を連れて
数件のホームセンターを回ってみましたけどやはり売ってません。
それで一時は諦めたんですけど 又昨日から提灯がないと
言い出しました。
ずっとやってきた事だから、ちゃんとやらないと
落ち着かないんでしょう・・そんな母を見ていて可哀想になって

「今年は間に合わなかったけど 来年のお盆までには提灯なんとか
するから我慢してね」

って言ったら

「提灯は迎えに行ってそこで灯りを灯して 仏様を送って行くまで 
ずっと灯りを切らさないんだよ」

それを聞いて迎えに行くときだけ灯りを灯すと思っていたので事態は一遍しました。
そう言えば 子供の頃何でお盆になると いつも提灯に灯りがついてるのかなって
不思議に思っていたことを思い出しました^^;

「提灯吊す所私の家ならあるから私の家でやったら?」

と言えば 

「仏様に居候させるもんじゃないって言うから自分のマンションでする

と譲らないので、提灯の話はなし崩しにするつもりです。
今の母の住まいはワンルームマンションで 提灯吊すところなんて無いし
第一ずっと灯りを灯しておくなんて危ないことさせられません
お盆の間何度となく 提灯騒動が起こるのでしょう・・(ーー*)アタマイタ

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2013/08/13 09:10 | Comment(0)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |  Next»»