FC2ブログ

兄が見舞いに来た。

兄が母の見舞いに来た。

今までは母の事は良く言えば私にお任せモードで
悪く言えば無関心だった。

母が元気な時はそれで良かったけど、
大けがをして入院となれば、今後の事の相談もあるし
もう少し 母の事に関心を持って貰わないといけないと
最初に兄が見舞いに来たときに 
夫が

「兄さんも お義母さんの事は当時者だって自覚を
持たないと駄目」

と話してくれたので、月1位で 見舞いに来るようになった。
母も兄が来ると喜ぶので、良かったと思っていたら
性格は相変わらずでデリカシーの欠片もなく、母に 

「もうマンションは無理施設に行くしか無い」

なんていきなり言い出すので 慌てて

「ずっとじゃないよ 元気になって杖をついて歩ける様に
なったら一緒に暮らそうね」

と言ったら即座に

「無理無理」

って とりつく島も無い言い方・・・
思わずどついてやろうかと思った。(`o´)

こんな兄でも母は私より可愛いはず
黙っていたけど、どう感じただろう


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/31 21:29 | Comment(0)Trackback(0)  Top

指でって・・・(・・;)

昨日洗濯物をとりに病院に行ったら、ちょうど母がお風呂から
帰って来た。予定を見ると次のリハビリまで1時間あったので
TVを見ながら四方山話をしていたら

看護師さんが来られて、

浮腫みも随分良くなってきたから、月曜に尿管を抜く事になった

と話してくれたので 一歩前進
と喜んでいたら、話には続き?があり

「今日 トイレで指で大便を掻き出してました。
腹筋が落ちちゃって 力めないから仕方ない事なんですけど」

まさかの出来事に びっくりして迷惑かけたことを謝ると

「更紗さんのお母さん 可愛いから許しちゃう

と笑顔で病室を出て行かれた。

母にしたら便意があって力んでるつもりなのに
出てこないから やむにやまれぬ思いで指で・・・と
なったんだろうけど(そう思いたい)
想像すると気持ちが悪い

でもそのことをすっかり忘れている母をみると
穏やかで可愛いおばあちゃんと
看護師さん達にもかわいがって貰っているから
何も言わなかった。

自宅に居たときは、
母を叱る
   
機嫌が悪くなり押し黙る
   
いつまでも機嫌が悪いから 
またそこで私がぶち切れる

こういうことの 繰り返しだったけど 
ちょっと距離をおいた事で母に優しくなれて
きたような気がする。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/30 10:15 | Comment(0)Trackback(0)  Top

ひまわり

IMGP4698-ヒマワリ
やっと梅雨が明けたので、隣の市で開催中のヒマワリフェスに行って来た。
毎年 母も楽しみにしていたから、写真を撮って見せたら

何度も綺麗 すごいと言うので

「来年は行ける様にリハビリ頑張ろうね

「うん頑張る

と母にしては真剣な顔で返事をしていた。

IMGP4698-ヒマワリ2

やっぱりヒマワリは元気がもらえる気がするから
猛暑の中見に行って良かった

来年は一緒に行けたら良いな

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2016/07/30 04:16 | 未分類Comment(0)Trackback(0)  Top

母の今後

IMGP4637-朝顔
朝顔の手入れをしていたら、ケアマネさんが28年度の
 「介護保険負担割合証」を取りに来られたので

病院のソーシャルワーカーさんに
・危険認識に問題がある
・浴槽を跨げない
・こまめにチェックが必要な病がある
等の理由で独居はもう無理
医療老人施設(介護老人保健施設)が
良いのはないかと言われた事を伝えた。

ケアマネさんが言うには、またそういう施設で
体力が戻ってきたら 施設から出て普通の生活が
出来る様になるだろうとの事

そうなれば嬉しい。
夫にケアマネさんが言った事を伝えたら、
「もし施設から出られる程体力が回復したら
今度は この家で一緒に暮らそう
と言ってくれた 早くそんな日が来ると良いな

そうなると、母の賃貸マンション感傷的になって
温存していてももったいないだけ。
引き払う準備しなきゃ(変わり身が早いσ(^_^;)


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/27 13:44 | Comment(0)Trackback(0)  Top

入れ歯

今日9時頃病院から携帯に電話がかかってきて

「お母様 入院時 入れ歯はされてましたか?」

いきなりこう切り出された。 

「ちゃんと上下してましたけど・・何でしょうか?」

と聞いたら 言いにくそうに

「実は 上の入れ歯が無いんです。
こんなことではいけないんですけど もう一度探してみます」

私も母が上の入れ歯してない事に数日前気づいたが
歯科の方で、入れ歯の修理してくれているのだろうと
思って 看護師さんに聞かなかった事を伝えて
一旦電話をきり、程なくして

「配膳の方で 持ち主のわからない入れ歯があって
保管していた事がわかりました。歯科の方で
お母様に入れ歯してみたら 間違いなかった様です」

と連絡があった。

このリハビリ病院には歯科もあって、
、母の入れ歯があわなくなっていたので、治療を
申し込んで もう治療が始まっているのに
今更入院時の事を聞かれてびっくりした
どういう管理体制なんだろう?

私が入れ歯してない事に気づいて
もう4~5日経つけど 配膳の方でも 入れ歯の持ち主を
探そうとしなかったのだろうか?(-_-;ウーン

まぁ 食後すぐ入れ歯を外して その辺におく癖がある
母が一番悪いんだけど


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/25 16:47 | Comment(0)Trackback(0)  Top

可愛いおばあちゃん

金曜はお風呂の日だったので
昨日洗濯物を取りに行って来た。

この病院は、2時から面会時間だけど
面会時間関係なく リハビリの予定が組まれてあるので
タイミングが悪いと リハビリに行った直後だったりで
会えるか会えないか行ってみないとわからない

いるかな?と母の病室をのぞき込んだら
看護師さんが、

「今 お母様がベッドにいないから、びっくりしてトイレに
行ってみたら、トイレに居て車いすに腰を固定するために
縛ってある紐がやっと解けたと、それは嬉しそうにニコニコ
してました」

そして母に向かって

「何事も無くて良かったけど もう 面白すぎ((´∀`*))ヶラヶラ」

と一言かけて 笑いながら病室を出て行かれた。
母もとっても雰囲気が良く きっと自分でトイレまで
行けた事が楽しかったんだと思う(笑) 

前の病院に入院していたときは、手術後と言うことも
あったのか 無表情で食事も殆ど食べなくて
心配したけど、このリハビリ病院に転院してからは
だんだん以前の母に戻ってきた。

看護師さんも更紗さんのお母さんは笑顔でいる事が
多いから、顔を思い浮かべると笑顔の顔
と言ってくれていて 可愛いおばあちゃんだね

と帰宅後夫に話したら・・・

「何をのんきな事言ってるんだ!
何事も無かったから良かったけど 1人でトイレに行って
また転倒する可能性が大きいんだから その辺をちゃんと
してくれないと困る。そのことを看護師さんにきっちり
言わないと駄目じゃないか

と 思いっきり叱られた(;^_^A アセアセ・・・

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/24 10:10 | Comment(0)Trackback(0)  Top

ソーシャルワーカーと面談 2

なぜ、普通のグループホームでは無く
医療老人施設(介護老人保健施設)が良いのか

・普通のグループホームは 跨ぐタイプのお風呂が
殆どで母のリハビリ状況から、浴槽の跨ぎが難しいだろう

・母は腎臓と心臓が悪く 腎臓食が必要だし
こまめに体調をチェックが必要だから医療付きの
施設の方が良いだろう

これくらいだったかな・・・
医療老人施設(介護老人保健施設)が良いと言われ
少々戸惑いながら 話を聞いていたので
うろ覚え・・・(・・;)

希望の施設に空きがないときは ショートステイでロングで
対応すると良いと説明もしてくれたけど
全然自分の家に帰れないなんて どう感じるだろう・・
冷静に判断しなきゃいけないのに どうも感傷的に
なってしまう駄目な娘(ノω・、) ウゥ・・・



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/22 21:55 | Comment(0)Trackback(0)  Top

ソーシャルワーカーと面談

昨日7月21日
母が入院している病院のソーシャルワーカーさんと
退院後の事を相談してきた。

ソーシャルワーカーさんの話では
母は認知症のせいで危険認識に問題があるから
歩けるようになっても 独居は無理だろうとの事

私は 家に帰りたがっている母を見るたび
わずかな期間でも、マンションの自分の部屋に帰らせて
あげたいと思っていた事を話し
独居は駄目な事はわかるから 
我が家では どうだろうか私は専業主婦だから
母を看る時間は十分あると言ったら

「介護出来るのが娘さん+ヘルパーさんでは
介護力に問題があるし、また転倒したらどうなるか
わからないから・・・・・」

と言葉を濁された。

夫も同席してくれていて 

「更紗の気持ちはよくわかるけど、 
24時間 つきっきりで介護出来るわけないだろう? 
ちょっと目を離した隙に また転倒して、
今度は寝たきりなんてなったら 取り返しがつかない 
事の重大さをしっかり認識しなきゃ!
感情に流れされないで、どうすることが 
お義母さんにとって一番良い事か考えよう」

これを聞いて、
ソーシャルワーカーさん パッと明るい顔になられて、
母に向いてる施設は、医療老人施設(介護老人保健施設)
が良いのではないかと いくつか候補の施設の名前を
あげてくれた。

夫がああいう風に言ったのは、
兄嫁のお母さんが老人ホームで転倒して、
頭を強く打って寝たきりになってしまったからで
けして人事ではない。
どうすることが母にとって一番良いことなのか・・
自分の気持ちに振り回されないで
しっかり考えなきゃ・・(-ω-;)ウーン

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/22 16:28 | Comment(0)Trackback(0)  Top

ブログ名変更

「明日の風」と言うブログ名でしたが
某有名アーチストと 同じブログ名と知り
「母と眺める景色」と変えました。

元々は明日は明日の風が吹く
と言う意味で つけた名前でしたが
あっさり捨てました(笑)

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2016/07/20 17:07 | 未分類Comment(0)Trackback(0)  Top

疥癬から慢性湿疹へ

今入院している病院は火曜と金曜がお風呂。
洗濯物を取りに行くと 腰当たりにかきむしりで
ついた血が えっ?と思う位びっしりついている。

というのも母は背中から腰にかけて 慢性湿疹が
あるので、仕方がないんだけど・・

話は去年の事
9月頃、背中に湿疹が出来はじめ市販薬をつけても
なかなか良くならないから、近所の皮膚科受診したのに 
どんどん酷くなっていくし、
太ももまで湿疹が広がってきたので、
12月になって、かかりつけの内科の先生に相談したら 
母の湿疹を見て、すぐ県立病院の皮膚科に紹介状を
書いてくれた。

そこでやっと疥癬とわかったんだけど 
県立病院の先生が、ショートステイの施設の名前を聞いたら

「そこで移されたのでしょう そこは前にも疥癬ありましたから。
このことは施設に私が言っていたと言ってくれて構いません」

と言われ びっくり

痒みが強いと聞き、

・かきむしって下着を血だらけにしていた母を
血が出る程かいちゃ駄目と強く叱っていた事
・根気よく皮膚科受診していれば そのうち治るだろうと
軽く考え、3ヶ月近くも近所の皮膚科に通った事

を反省した。(_ _ )/ハンセイ
(後から 母がお世話になっているディの職員から 
あの皮膚科評判悪いと聞いて納得

疥癬は県立病院の先生のおかげで完治した。
でも長く疥癬を放置したせいか 背中から腰にかけて
湿疹が出来る様になってしまい その診断結果が
慢性湿疹。

「大人のアトピーと思って根気よく治療しましょう
いつかは治りますから」

と・・入院前は定期的に通院していた。
この慢性湿疹とも付き合いが長くなりそうだ(´`)=3

当然 疥癬の事はショートステイの施設にも伝えたし
そこを利用するのは辞めたけど、そこは過去に色々
あったと デイの職員から聞いた。
そんなことケアマネさん 教えてくれなかったなぁ

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2016/07/20 10:42 | Comment(0)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |  Next»»