FC2ブログ

サクランボと母22
去年サクランボの色が可愛いと喜んでくれた時の
写真です。サクランボが大好きだった母でした。

22日に母が入居していた施設の部屋を片付けて
今日書類上の手続きがおわりました。

母がお世話になっていたのは

「デイサービス付きのサ高住」

で、まだ新しい施設だったので綺麗で
日当たりの良い部屋で、その部屋が
ガラーンとしてしまい 又悲しくなりました。

母は大人しくていつもニコニコしていて
手がかからない可愛いおばあちゃんって
施設の職員さん達から言われていました。
元々大人しい母でしたが
施設の職員のみなさんが優しかったから
母も穏やかに過ごせたんだと思います。

母はここにお世話になって幸せだったと
思いますし 施設職員さんに感謝します。

最後の挨拶をさせて貰ったら、
職員さんの中には 母が亡くなった日に
たまたまお休みしていて 翌日知って、
びっくりしたとおっしゃっている人もいました。
あまりの急変で私でさえも何が何だか・・って
感じでしたから 当然ですね

この家に持って来た母の荷物
衣類を見る度に これはあのとき着ていたとか
これは夫が選んだ服とか 色々思い出してしまい、
当分片付けられそうにないです。

できるだけ早く終わらせなければならない事が
とりあえず終わったので、気が抜けてしまい
何もやる気がしなくて 自分でも困っています。
朝歩きもお休み中(汗)



余談ですが、私は母に似てなくて
母が40代の時と50代との時入院したので
付き添いしてると

「お嫁さんですか?」

って いつも言われて 母がおかしそうに笑って

「娘ですよ」

って言うと 驚かれて・・・(笑)
最後に母がお世話になった病院で母の今後の相談を
と呼び出された時も1人で行ったら

「お嫁さんですか?」

って言われて・・・・そんなに似てないかな。



にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2018/03/24 16:56 | Comment(5)Trackback(0)  Top

最愛の母

3月16日午後1時 最愛の母が亡くなりました。
声をかけたら、起きてくれるんじゃないかと
思う程穏やかな顔でした。

16日 いつも通り朝9時半に母に会いに
徒歩で施設に向かっていたら、途中施設から
電話が入り、

「朝起こしにいっても目を開けないんで
今自室のベッドに寝ています」

って言われて、もうじき施設に到着しますと
伝えて急ぎ足で施設に到着して母の部屋に
いったら、酸素マスクの中で
とても苦しそうな息の母・・・・

「お母さん 更紗だよ わかる?起きて」

って言って手を握っても無反応で
いつもは暖かい手なのに その手が冷たくて・・・

昨日までなら 私が母のところへついてすぐ
母の手を触ると 

「冷たいよ」

って私の手を嫌がったのに・・・・

兄にすぐ来てくれる様に電話をして、
母の腕をさすったり 声をかけたり

「兄さんが 今お母さんに会いにこっちに
向かっているから 待ってあげて」

って何度も言ったのに だんだん息が浅くなっていって

母の呼吸が止まりそうになると

「お母さんしっかりして!!
私を1人にしないで!!
私には もうお母さんしかいないんだよ!!」

と叫びながら肩を揺さぶり続け
何度かは大きく息を吸ってくれたんですけど
眠るように静かに息を引き取りました。

前に兄と相談したように 母は我が家に連れて帰り
遺体を清める時、ちょっと前に購入して
母の部屋の置いておいた一度も着る事が
出来なかった春らしいニットを着せてもらったら
赤がベースのニットで 良く似合っていました。
もう何年もしなかった化粧をして貰って
認知症になる前の母の顔に。

とても綺麗だよ お母さん

枕元には 大好きだったみかん・最後に食べて
美味しいっていったプリンアラモード・おはぎ等々
食べて欲しかった物を並べて置いたので
納棺の時、それを棺に全部いれました。

「おかあさんに食べて欲しかったおやつを
全部いれたからゆっくり食べてね」

聞こえたでしょうか

18日通夜
19日葬儀

本当は遺骨を手元に置きたかったんですけど
仏様は居候させるもんじゃない
と 母が言っていたので兄に持っていって
貰いました。

暫くはぼーっとしてしまいそうです。



にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2018/03/20 12:12 | Comment(3)Trackback(0)  Top

母の調子が思わしくなく、火曜会いにいったとき
まだ熱があって、おやつ差し入れ禁止
熱の原因は不明だった。

いつになったら熱が下がってくれるんだろうと
思いながら帰って来たら、夜施設長さんから
電話があり

「熱をだしているとき いつもの様子が違うし
お小水が殆ど出ていないから、万が一って
事もあるかもしれないので
心づもりしておいて下さい」

って 言われて居ても経ってもいられなくなって

「今から会いに行って良いですか?」

「出来れば19時までにして欲しいんですけど・・」

と言いにくそうに。でも内心本当に悪かったら
会いにいっても良いって言ってくれるはずと
勝手にちょっと安心。

翌朝9時半から面会OKだから 
その時間にいったら あいかわらず熱が
下がってなかったけど
先生が往診してくれた後で

熱の原因は首につけてある点滴のチューブの
ところが炎症をおこしていて そのせいで
点滴のチューブの場所を変えたら熱は
下がるだろうけど、点滴のチューブが入るところが
あるかどうかはわからない。

と おっしゃって 今日午後から病院に
連れていって、チューブの場所が変えられる
かどうか みるらしい。

昨日の朝も午後も私が見ている限り
変わった様子はないと思うんだけど、
今朝会いに行って、又午後来るねって
言ったら うんうんって頷いてくれた。

昨日までは 又来るねって言うと首を振って
もう来なくて良いって言っていて
私は凹んでいたけど、
今思えば、心配かけないように
虚勢をはっていたのかもしれない。

その母が素直に頷くって・・・気が弱くなってきてる
って事なのかなと心配になってきて
不覚にも 母の前で涙ぐんでしまった(汗)
1日でも1分でも長生きして欲しい!!



にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2018/03/15 10:48 | Comment(4)Trackback(0)  Top

今年初ドライブ

今年初ドライブDSC_0347

朝から風もなくてポカポカ陽気だったから
午後から モモ子と今年初めてのドライブに♪

本人察していたのか、私が昼食終えると
ソワソワして 私から離れない
出来るだけドライブに行くことを
感じさせないようにしていたのに動物の勘は
凄いのかな^^;

初ドライブでみた梅DSC_0345

公園は県内有数の梅の名所。
梅の花の見頃には ちょっと早い気がしたけど
デーサービスの車が数台止まっていて
みんなで花見していて華やいだ雰囲気。

そして その人達とは別に中高年の人達が
いくつかの グループに分かれ散策するらしく
大きな声でなになら話し合っていて

そして・・・・・超人見知りのモモ子は固まりました。
月曜って言うのがいけなかったのかな
静かに散歩出来る予定だったのに
運が悪かった^^;

せっかく来たんだから なだめすかして、
人がいない方へ散歩したけど
いつもは途中まで尻尾が上がっているのに
今日は最初から終わりまで尻尾下がりっぱなし

今日は駄目だったけど これからポカポカ陽気で
風が無いときなら いつでも来れるから
次回に期待。あとはカットにも連れていかなきゃ。
服を着てくれないからカット控えていたけど
暖かくなったから モモ子もすっきりさせて
あげよう。(美容院大っ嫌いでまた固まるけど 汗)


☆~☆~☆~☆~☆

ブログを書いて居るとき 
ケアマネさんが来月のサービス利用票を
届けてくれて、今母に会って来たけど
熱も下がってリクリエーションに参加していた
と話してくれたから 安心した
インフルエンザじゃなかったみたいε-(´∀`*)ホッ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/03/12 15:09 | 桃子Comment(2)Trackback(0)  Top

今日の母

3月11日母DSC_0342
昨日元気にリクリエーションに参加していたのに
今日行ったら、夕べ8度台の熱を出して
少しは下がったけど、まだ8度近い熱が
あるからとベッドで横になっていた。

施設の看護師さんが

「先生がもしかしたらインフルエンザかもしれないけど
今日一日様子をみてインフルエンザの検査
をするか判断するとの事でした。」

「肺炎の熱ではないんですね?」

「そうですね でも徐々にではありますけど
熱が下がって来ていますので
そんなに心配しらないと思います」

と話してくれて 持って行ったおやつを
食べさせて良いか聞いたら 
熱があるうちは駄目と・・

昨日は話せなかったから、
今日はベッドの所で話をしたけど、側で
リクリエーションが始まって、母は気になるのか
そっちの方ばかりみていたし 疲れさせても
いけないから、早々に切り上げようと

「また すぐ来るからね」

って 母にいったら首を横に大きくふって

「もう来なくて良い」

だって。話しかけても返事もしないで
みんなの方ばかり見ていたのに こういう時だけ
しっかりした言葉・・・
兄が会いに来るってって母に伝えると
いつも この反応で会いに来るとこぼれる笑顔
だから、真に受けちゃいられないけど、
こんな事言われると さすがに凹んでしまう。
まったくもう・・・(ノД`)ハァ

帰る時職員さんに

「インフルエンザって人から感染するって
印象がありますよね、風邪みたいに体調で
発症したりするんですかね?」

って不思議に思ったので聞いてみたら職員さんも
施設で誰もインフルエンザに感染してないし
なんででしょうね?って もちろん私もインフルエンザに
かかってないし・・・まだ肺炎がよくなっていないのに
大丈夫かな・・(ノД`)ハァ



にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2018/03/11 16:55 | Comment(2)Trackback(0)  Top

独り言

ソレルDSC_0334
一昨日昨日とずっと雨で朝歩き出来なかったけど
今日は朝から晴天で朝歩きに♪

母の事がちょっと安心出来たから
昨日 また図書館で本を数冊借りてきて
その中の一冊が長年フランスで
生活されていた人の著書で 
その時の フランスでの生活のこと
フランス人との交流等が書かれていて
フランスの香りがするような感じで
素敵・・!と思ったので
早速読み始めたら

その本の中の1ページに 
フランスでのランチの様子の
写真が載っていて、そこに生ほうれん草の様な
野菜を土台に美しくトッピングされた
美味しそうなサラダが。

読んでみると なんとほうれん草じゃなくて
「ソレル」と言うフランス料理定番の野菜だそう。

「ソレル=ハーブ」って認識しかなかったから
どれどれと読んでみると
フランスのソレルは改良された栽培種らしいけど
日本の野草「スイバ」がこの仲間だそうで
日本中のあちらこちらに自生しているって
あったから

ならば 朝歩きのコースにも生えている?と
気にして空き地やら 川の縁をみてみると
確かにあっちこっちに生えていた。

↑これは 今朝みつけたスイバだと思われる
野草だけど 調べてみたら そっくりな野草で
「ギシギシ」って言うのもあって 
違う種類だそうだけど、どっちも食べられるらしい。

でも 美味しそうに見えないから
摘んで食べてみようとは思えないけど^^;
食べられるってわかったから 何かの時に
役立つかも?

2週間借りられるから、ゆっくりフランスの
香りを楽しもう♪


            ☆~☆~☆~☆~☆


午後から母に会いにいったら
一部屋しかない会議室(面会室)に先客がいて
使えなかったし、今日は体の調子が良いらしく
珍しく2時からのリクリエーションに
参加して これから始まるって所だったので
邪魔をしないように遠くから母を見て 
又明日出直してきますと帰って来た。
楽しかったかなリクリエーション♪


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/03/10 20:40 | ブログComment(2)Trackback(0)  Top

弟の様な兄

昨日この家で昼食を食べているとき
兄がいざと言うときに慌てないように、
葬儀の事とか話し合っておこうと言い出した。

気持ち的には縁起でも無い・・と思ったけど
方向だけでも 決めておかないと
いざと言うとき確かに混乱しても困るし
葬式の相談していたら元気になったって
話も昔聞いた事があるから
食後話し合う事に。

まず

「お母さんが万が一亡くなってしまったら
遺体はこの家にいったん引き取るけど
葬儀はどこでする?
兄さんの考えを聞かせて」

って聞いたら
腕を組んで目をつぶって 
何かを考えている風
だけど、何も言わず沈黙する兄。
あんまり沈黙が長いから

「夫の葬儀した斎場でも良いし
菩提寺の近所の斎場でも良いよ
私は嫁いで家を出た人間だから
兄さんが決めて」

「・・・・・・・・・・・・」

「もしここで 葬儀するなら 
父方の親戚に連絡するかどうかも
考えないとね なんせ遠いし・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

ここまで来ても、沈黙し続ける兄

「ここで 葬儀するとしたら、
父方の親戚には四十九日の法要の時
連絡するって言うのはどうかな。
みんな菩提寺に近いから負担は少ないと思うし。
でも叔母ちゃんだけには 
葬儀の連絡はしないとね」

って言ったら、やっと口を開いて

「じゃ葬儀が終わって1週間位したら
俺から父方の親戚に事の次第を説明するよ」

って・・・・
私が言ったのはあくまで私の考えであって
話し合っておこうって言い出したのは兄なのに
自分の考えはないのか!!

って問いただせば

「俺はどっちでも良い」

って返事が返ってくるのはわかっている。

兄は 昔から大事な事を自分の裁量で
決めることはしないで(出来ないのかもしれない)
人任せにする傾向があるから・・・(*´Д`)=3ハァ・・・

話し合いだから 私が自分の意見を言って
兄の返事を待っていたけど 
沈黙し続けるから 私が1人でしゃべってるなんて
これじゃ話し合いじゃない。

よほど

「私って姉じゃなくて 妹だよね?」

って言うと思ったけど ぐっと言葉を飲み込んだ
今更兄を相手にむきになっても しょうがないけど
時々 いったいなんなの!!って無性に腹がたつが
ある。

本当に弟だったら 駄目な子・・って
諦めがつくのに(*´Д`)=3ハァ・・・


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/03/08 09:55 | Comment(2)Trackback(0)  Top

母と兄DSC_0340
母が心不全をおこしていると
兄に伝えたらビックリして 
母に会いに来た。

今回は兄1人で兄嫁さんは
母の容体か急変したら来るそう(・・はあ?)

毎度の事だけど 兄を見た瞬間
ニコニコとこぼれる様な笑顔になる母(笑)

今日は2時過ぎに行ったから昼寝は終わって
車いすに座っていて職員さんが、

昨日今日と朝ご飯は完食していて
熱も上がらないし、酸素の吸収も良くなってきていて
ほんの少しずつだけど 酸素濃度も上がって来ている

と話してくれて薄紙をはぐように
回復してくれていってる事が
兄妹で嬉しくて華やいだ雰囲気に(^^)

さて おやつをと会議室に移動したら、
職員さんから いつも母が食べてくれる量の
半分にしてと制限がついてしまって

「ちょっと残念だけど ご飯を食べているなら
制限も良い事と受け止めないとだね」

と おやつのプリンアラモードを1人で食べると
言う母に又兄がちょっかいを出して、

「おれが!」と

そして 一口食べさせてもらって

「美味しい」

ってニコニコとした母
その姿を見て 喜んではしゃぐ兄
それ 私が用意したんだけどと思いながら
みてる私(笑)

今日の兄はよほど嬉しかったのか
母の所へ行ってから やたらにハイテンション
又4月に来るそう(本当かな?)
しかし 毎度毎度手ぶらで来る兄

「今度あれが美味しいから お母さんに持ってくるよ」

って言うけど 持って来たためしがない
どういう神経してるだろう?と不思議な気持ちなるけど
なんでもいいや 母が元気になってくれるなら。

しかし ほっとしたのか ちょっと気が抜けて
疲れがどっと出た感じ。少しゆっくりしようっと



にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2018/03/07 21:21 | Comment(2)Trackback(0)  Top

今日の母

3月4日母DSC_0332

今日も母の所へ おやつを持って会って来た。
前回1時ちょっと過ぎにいったら、
ちょうどベッドに入ったばかりだけど
起きているからと職員さん。

ついたてで囲って貰ってお手数かけるのも
申し訳ないから、何時頃が良いか職員さんに
聞いたら 2時頃が良いって事だったから、
ちょうど2時頃つくように
途中で時間調節していったら
まだしっかりベッドで寝ていて
こればっかりは仕方がないと 母の寝顔をみて
帰ろうと思ったら、母が起きたから

「おはよ~♪」

って言ったら ニコッと笑ってくれて
機嫌が良いみたいでほっとした(´∇`) ホッ

早速職員さんがまたついたてで母のベッドを
囲ってくれたから(結局お手数かけてしまった 汗)
持って行ったおやつの一つ途中で買った
小さめのプリンアラモードのカップを
見せて

「自分で食べてみる?」

って聞いてみたら
布団から両手をだして 自分で食べ始めた。

右手が凄く震えていて、びっくりしたけど
母が頑張って食べている間は ちょっかいを
だすのを辞めて、時々プリンをこぼして布団を
汚したのを母が気にして食べてるのを辞めるから、
こぼしたプリンを拭って

「大丈夫よ ほら 綺麗になったでしょ」

って言って布団の汚れが落ちたのを見せると
安心したのか 又食べ始めて・・を繰り返して
なんとか 自力で完食してくれた!

良かった~やっぱり介助されて食べるより
自分で食べた方が美味しいと思うし♪

その後は なんとなく疲れた雰囲気で
体も斜めに傾いてきたから、
次からは介助して みかん2個と水ようかん1個
食べてくれた(^^)

今度の9月の誕生日が来たら米寿の祝いを
無事にみんなで祝ってあげたい。

次回も又母がおやつを食べてくれますように・・!
と祈らずにはいられない。



にほんブログ村

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2018/03/04 21:40 | Comment(2)Trackback(0)  Top

昨日の母

昨日 母に会って来た。
持って行ったおやつは、ヒジキの煮物 
ちょっと寒天を減らして 柔らかくした水ようかん
みかん セブンの小さなパフェ

行ったら、ちょうどペッドに横になったばかり
って言われたからおやつは駄目かと諦めたかけた。

(ベッドがある部屋は みんながいる部屋だから
おやつは駄目が基本)

でも施設のご飯をあんまり食べない
母だから駄目元で聞いてみたら、
職員さんが配慮してくれて
ついたてで 母のベッドを囲ってくれてお許しが出た。
ありがたい。

ちょうどついたてで囲ってくれた時
骨の注射をしに看護師さんがきてくれたけど
嫌がって、まだ布団をめくっただけなのに

「痛い痛い」と・・

「どこを触っても こんな感じで痛がるんですよ」

と看護師さんも困り顔(汗)
本当に痛いのか、嫌だから痛がっているのか
その辺は本人にしかわからない。
痛がっているのに可愛そうだけど
大事な注射だから してもらうしかない。

その後 持って行ったおやつを見せたら
ニコッとしてくれたけど、注射の後で機嫌が
わかるかったのか、どれもみんな一口食べて
もういらないと。

「食べないと生きていけないんだよ
だから お母さんもう少し食べよう!」

って言ったら

「もう良い生きていたくない」

と言われ、

「なんで そんな悲しい事言うの
私お母さんに会いに来るのが生きがいなのに・・」

って言って 母の前で大泣きしてしまった。
その姿をじっと見ていた母・・

泣きながら
「おやつ もう一口食べようか」

って言ったら なんと「うん」って言ってくれて
涙が止まらなくてふきふき
鼻水をすすりながら、もう目茶苦茶な私だったけど
母におやつ介助したら
セブンのパフェ みかん2個 水ようかん3分の2
食べてくれた(´▽`) ホッ

時々母と目が合ったとき ニコッと
笑ってくれたから

「お母さんの笑顔大好きだよ!
だから 頑張ってご飯食べてね」

って言ったら 又ニコッとしてくれた。
気持ちがちょっとだけでも通じたと思いたい。


☆ヒジキの煮物はちょっと食べにくそうだったから 
しまってしまった。次回からは食べやすい様に
工夫しなきゃ。



にほんブログ村


テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

2018/03/02 11:51 | 未分類Comment(0)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |