FC2ブログ

モモ子・ネズミ

momomomoDSC_0442.jpg
水曜に美容院を予約してさっぱりして貰ったモモ子
しかし運が悪いと言うか、当日は大雨で
そんな天気でも車の窓から顔を出したいモモ。
美容院に着いた時は顔が濡れてしまい
目もショボショボになって トリマーさんに笑われた(笑)

先週位から、日差しが強くてモモが可愛そうだから
朝7時台に散歩していたのを6時台に変更。

涼しくて快適な散歩なんだけど、
ちょうど電車通学の学生さん達が
自転車で駅に向かう時間帯でもあったみたいで、
私たちの後ろから自転車が沢山追い抜いていって
その度にパニックになって、道の端を歩いていたのに
真ん中まで飛び出すから学生さんもびっくりするし、
私もひやっとする。
自転車にひかれたとしても 飛び出すモモが悪い

だったら人があんまり来ない道にしようと思うと
道を変える事に抵抗するから それも駄目だし 
とにかく怪我させない様に気を付けなきゃ。


   ☆~☆~☆~☆~☆


ネズミ駆除の業者が昨日来てくれて、
侵入しているだろう場所の穴塞ぎをしてくれる
のかと思ったら、まずは家の中と外にトラップと
毒餌をあっちこっちに置いて、2週間位様子見して
又毒餌とか、トラップの場所を変えて
家に出入りしてないとわかったら
そこで侵入していただろう場所を塞ぐとの事で
結構時間かかるみたい。

昨日侵入している場所を塞ぐと思っていたから

「今日侵入場所を塞ぐんじゃ無いんですか?」

って聞いたら

「いきなり塞いで 家の中にもしネズミがいたら
出口を失って そこで死んだら 又腐ったりで
後が大変だから、まずはトラップと毒餌で
様子見です」

って言われて そりゃそうだと納得。
早くネズミ騒動終わって欲しいなぁ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/06/22 10:53 | ブログComment(2)Trackback(0)  Top

母の衣類

いい加減日本間に置いてある母の荷物を
整理しなきゃとやり出した。

荷物って言っても、マンションを引き払う時に
レンタルコンテナを借りて殆どが そこに
入れてあって、今家にあるのは施設で使っていた
簡単なプラスチック製の4段の引き出しと
TVと、TVが乗っていた木製の棚。
引き出しに入りきれなかったタオル関係と
防水シート等の介護用品が段ボールに。

ズボンや下着 介護用品は、
思っていたより捨てる事に抵抗がなくて、
一気に処分出来て、段ボールは消えたけど
問題はトップ。

あんまりヨレヨレなのは処分したけど
これ良く似合ってたな・・・とか
母が好きで良く着てたなぁ・・・とか
一枚一枚思い出があって処分出来ない。

試しに夏物のカットソーを着てみたら
サイズが違うのに 全然問題なかったから
着れる物は私が着る事にして 後は
また引き出しにしまってしまった。

夫の衣類は未だに靴下だって捨てられないのに
母の衣類トップ以外はあっさりと捨てられた事に
自分で驚いた。この違いはなんだろう・・?

母の物を捨てなれてはいたからそのせい?
母がマンションに居た頃、探している物が
見つからないと、

「あんた 又○○を捨てたでしょ!」

って良く言っていた。捨てる時は必ず母に見せて

「これ捨てるからね」

って 言って捨てていたんだけど
認知症だった母は 

「物がない=更紗が捨てた」

ってインプットされてしまったみたいで、
濡れ衣も多かったけど(笑)

あの頃は良かったなぁ・・・・
母が骨折さえしなければ まだ元気で
マンションに住んでいただろうに
今更言っても詮無い事だけど・・・(T_T)

後は9月まで借りているコンテナの母の荷物
これは業者に頼まないと駄目。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/06/21 06:15 | Comment(4)Trackback(0)  Top

友人Bちゃん

萩の月DSC_0435

5年ぶりに去年の8月に突然連絡をくれたBちゃん
その時は、

毎月500円分電話代が無料になって
今まで、かける所もなく捨てて居たから
これからたまには電話するね

って、言っていたのに、
それから またぱったりと音信不通に
なっていてBちゃんらしいと思っていたら 
数日前の夜に突然電話かけてくれて

「お母さんどう?元気になった?」

「う・・うん・・・・」

「あっ亡くなったの?」

う・・・うん の後に実はって言おうとしたら
私の雰囲気でBさん察したらしい。

電話の声は明るいいつもと変わらない声で
話しているうちに なんだか私もリラックスしてきて
それを伝えたら

「トイレの100ワットって言われてるのよ
無駄に明るいからって ((*´∀`))ケラケラ」

って 納得(笑)

そんなBちゃんが 少しでも元気が出るようにって
地元の銘菓を送ってくれて 食べてみたら
上品で美味しいお菓子♪
Bちゃんの心使いに感謝。

早速 仏様にお供えしたけど、居間にまで
ネズミまだ入ってきてないみたいだけど
囓られたら気持ち悪いから 餌になる様な物は
置かない事にして夜には下げてしまった。
(早く普通に暮らしたいなぁ)

色々Bちゃんと話したかなの一つで
Bちゃん元気そのものなんだけど、死ぬのが怖いって
言いだした。理由を聞いてみたら

「死んだら 何も感じなくなって 何も出来なくなる
死んだら無になるんだよ」

「なんでわかるの?」

「理由は無いけど 何故かわかるんだよね
自分でも不思議なんだけど」

無になるんだったら 怖いもなにもないと思うんだけど
Bちゃん真剣に力説していたから 反論できなかったけど
本当に無になるのかな・・・?

母が父が亡くなってから

「あの世って良いところなんだろうね
誰も帰って来ないから」

って 時々言っていたのを思い出した。

義兄は、亡くなる前にあの世に行ったら
まだ順番が来てないから、また出直せって
言われたとかで、
暖かくて良い所だったと話していたらしいけど
今から思えば誰に出直せって言われたのか
聞いてみたかった。

どっちにしても 良い所か無になるのか
死んでみないとわからない事だよね
私は何歳まで生きるんだろう



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/06/10 06:36 | ブログComment(4)Trackback(0)  Top

業者が来てくれた。

今日雨の中予定通りシロアリ業者が、来てくれて
まずは床下を点検してくれて異常なしとの事
但し、5年間の保証期間が今年で切れるから
消毒をやっておいた方が良いだろうとの事

悲しい事に、私が住んでるこの地域はシロアリ多発地帯
それを思うとしておいた方が良いかな・・・って思うけど
費用は、一坪6000円位らしい 真剣に考えなきゃ

それからネズミ
納戸で見かけたと話したら 
まず納戸をチェックしてくれて
ドアの真上が家のひずみで隙間が出来ていて
そこから出入りしているだろうと思うからと
タオルを詰め込んで来週また来てくれて
そのタオルが囓られていたら 
そこに間違いないとの事

家の周りも見てくれて、ネズミが出入りしている穴は
見当たらないけど、空気孔の上に 少し隙間が
出来ているから そこかもしれないと。

ただ シロアリと違ってネズミに対しては保証がないって
話だったけど、気持ち悪いし安心して暮らしたいから
まずは防除を頼んだ。費用は6万位らしくて
作業は2~3ヶ月かかるらしい。
詳しくは聞かなかったけど様子を見ながらって事なのかな

業者さんの話だと、ネズミはずっといるわけじゃなくて
あっちこっちの家に出入りしていて、そこに餌があると
定住してしまう可能性があるらしい。

私もまさかネズミが出るなんて思わないから
頂き物のフリーズドライの味噌汁を
忘れないようにと箱からだして、籠にいれて
納戸においておいたのがいけなかったみたいで
そのフリーズドライがあっちこっち囓られていたから
すぐ捨てた。

家で食品関係(買い置きの物とかフリーズドライ製品とか)
そういった物は、ガラスの入れ物か
タッパー的な密閉容器に入れておいた方が良いと
教えて貰った。箱はネズミが囓るから駄目だそうで
餌がないとわかったら すぐ出て行くそう。

納戸に 今まで砂糖塩味噌とか買い置きして
そのまま置いていたけど、もうそれも出来なくなった。
あぁぁぁ~~~・・・・(*ノω`゚)。シクシク



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/06/06 15:27 | ブログComment(2)Trackback(0)  Top

母の愛

今日は朝6時半から町内会の定例掃除だったので
参加して、掃除が終わった後
うちと同じ様に娘さんご夫婦がお母さんを引き取って
同居されたいたお宅があって、
その娘さんが

仕事が終わって帰宅したら お婆ちゃんが
倒れていて、腕と大腿骨を骨折していて
入院したけど、一気に介護度が「5」になって
病院に会いに行っても
自分(娘さん)の事わからなくなってしまった。
と淋しそうに話していらしたら
同じ班でお母さんと2人暮らししていた男性が
去年火の始末ができなくなってしまった
お母さんを施設に入所させたのは知っていたけど

「うちも一緒で、会いにいっても
おたくどちらさんですか?って言うんだよね・・・・」

って話されていた。

母親に会いに行って、どちらさんですか?
なんて言われたら どんなにか淋しいだろうと思う

私の母も認知症だったけど最後まで私の事は
ちゃんとわかっていたし、
滅多に会いにこなかった兄の事もわすれなかった。

最後までちゃんとわかっていてくれたって事
たまたまかもしれないけれど
勝手に母の愛を感じている。

お母さんありがとう♪


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2018/06/03 09:42 | ブログComment(2)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |