FC2ブログ

施餓鬼・新盆・年忌法要

富士山DSC_0564

今朝モモ子の散歩の時見えた富士山
綺麗♪と写真撮ったけど
6月の富士山雪残っていたっけ?と
思ったら、地元のニュースで
6月に富士山に雪が残っているのは
とても珍しい事って話だったから納得。


     ☆~☆~☆~☆~☆


昨日菩提寺から、7月の施餓鬼の知らせが来た。
今年は義母の初盆だし、8月は一周忌だし
どうしたものか・・と義姉に連絡したら

「施餓鬼のとき初盆を一緒にするとして
一周忌ってしなきゃいけないの?
しなくても良いんじゃない?」

と 義姉。

取りあえず、午前中菩提寺に連絡したら
電話に出たのは 例のちょっと苦手なお上人様

やばい・・と思いながら、挨拶をさせて頂くと
お上人さまの方から

「施餓鬼の時いらっしゃるなら
その時にお母様の新盆と8月の一周忌
一緒にしたら良いですよ
遠方から度々いらっしゃるのも大変ですからね。
でも、新盆と一周忌の塔婆だけは別々に
申し込んで下さいね」

と 言ってくださったから
一周忌しなくても・・・と義姉と話していたけど
お上人様に 一周忌しないと言えなくなって

「お施餓鬼の時、新盆・一周忌
一緒に御願いします。助かります」

言ってしまった。(*´Д`)=3ハァ・・・

新盆の香料     2万
一周忌のお布施  3万
そして 塔場代   7千円

まあ菩提寺のお礼は長男家の我が家が
出すんだからお金の事では義姉に迷惑
かけないですむのが救い(TT)

義姉とも話したけど、恥ずかしながら
嫁いで来た家の宗派が「日蓮宗」だから
ご飯とうお供えするときに

「何妙法蓮華経」

と3回言っているけど、信心心まるでなしで
決まり事だからしてるだけ。
義姉も全く信心してないし
宗教の決まり事に縛られて年忌法要しないと
いけないの?年忌法要ってどんな意味があるの?
と ここまで意見が一致。

ネットで調べたら、仏教の概念として
三十三回忌まで、しっかり年忌法要しないと、
故人が良い来世を迎えられない。

ざっくり要約すると こういう事らしい。
信心心まるでないから、思うのかもしれないけど
自分が生きて行くだけでも、
例の大騒ぎになっている金融庁の話もあって、
経済面やら色々な意味で大変なのに
申し訳無いけど、
故人の来世まで心配する余裕ない。

これは義姉も同じ考えだと思うから
これから先の年忌法要の事するかしないか
ちゃんと話し合わなきゃと思う。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2019/06/12 11:25 | ブログComment(0)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |