FC2ブログ

線香

今年もお中元の時期が来て、
夫の部下だった人がお線香を
送ってくれた。

彼は重すぎる位の家庭の事情を
抱えていたのに、それに負ける事なく
仕事を頑張っている姿に、夫が

「彼は偉い!」

と応援して、転勤やらなにやらで、
勤務地が違ってからも、
彼が昇進したりすると、我が事のように
喜んで 電話をしたり、
彼も夫の事をずっと慕ってくれていて
家にも時々招いていたから私も顔も見知り。

いつの頃からか忘れたけど
彼が盆暮れを送ってくれるようになって、
夫が退職後 

「もう気持ちだけで充分だから 終わりにしてくれ」

って伝えたけど、それでも送ってくれていたから
それ以上は夫も言えなくて、
彼は、お酒が好きだから、ワインや地酒を
お返しに送っていた。

夫も いつまでも慕ってくれる彼の事が
よほど可愛かったんでしょう
夫がホスピスに入院したとき
自分が死んだら、すぐ投函してくれと
彼宛の手紙を託されて、言葉どおりに
すぐ投函して以来

盆暮れに、お線香を送ってくれるようになった。

夫は 人と人の繋がりを大切にして
退職後 それまでつきあいがあった
同期の人達が 地元に戻っていって
音信不通になりそうになったとき
それも淋しいと、メールを出しても 
みんな中々返事をくれないのに根気良く
連絡とっていたのに
夫が亡くなった途端、
例外なく全員ピタッと音信不通になった。

そう言う状況を見ていて、
夫が可愛そうになったけど

夫の部下だった人達が
夫が亡くなった事を知って
夫への思いの手紙を添えて
香典を送ってくれたりで
人それぞれだな・・・とつくづく思った。

さて これから彼に赤と白のワインをセットにして
お返しに送る手配をしてこよう。

いつまでも 夫の事を思っていてくれる事が
嬉しくて 有りがたい。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

2019/06/22 13:45 | ブログComment(2)Trackback(0)  Top

 | Blog Top |